とりのたねについて

とりのたねについて

宇治市三室戸で小さなアトリエをかまえ、花仕事全般を請け負っております。
京都の市場で仕入れたみずみずしい生花をはじめとして、
アートフラワー、プリザーブドフラワー等すべての素材に対応しております。

とりのたねのはじまり

幼い頃から家の中には花があり、植物を身近に感じて育ち、
モノ作りが好きで美術大学に入った後は、大手ブライダル装花の会社でブーケや卓上装花を作っていました。
そのうちに、もっとお客様と触れ合い、身近に感じたい!という思いから、大阪の花屋に転職し自らが接客をして
アレンジやブーケの制作をする様になりました。
植物には沢山の力があると思います。たった一輪の花が与えてくれる安らぎや温もり、そしてなにより感じるのは、
花によってつながる人の輪です。これには私自身もとても助けられ、大きな力を貰っています。
植物と人を、色々な形でつなげるお手伝いができればと思い、とりのたねを立ち上げました。

代表:石川郁美/FDA1級、FCC1級、FDAプリザーブドフラワー 取得

photp